今を生きるなんて

もうダサいでしょ

lyric ださい

ぐらり 堕ちてく身体

もうみることないね四季

ふわり 落ちてくからだ

もうみることない景色

 

月明かり 豆電球はいらない

どん底からでもみえる光

に群がる虫みたいだ私

死にたいと喚く君に

どうしようもできない私1人

じゃないんだけど別に

頼るのは君ほらわたしだけでいいよ

 

ぐらり 堕ちてく身体

もうみることないね四季

ふわり 落ちてくからだ

もうみることない景色

 

丸分かり 君の視界入らない

ここからでもみえる君

に呆れる無視したんだ私

彼女を無視したんだ私

あれ?気づいたらここは何処 放課後

初めて来た校舎裏 見世物小屋にひとり私

赤い水垂らし泣いていた 立っていた

君が立っていた

「わたしもう疲れた」

笑いながらそう言ったのはどっち 笑いながらどうしてきたのこっち

昼休みに目が合った でも無視したのあっち

とか小さいことに嫉妬 軋む ベッド 睨む わざと

全く動じないきみ むかつく キスして眠る

どうせ起きたらいない いらつく 無視して眠る

だけど手はここだって 握って眠る

 

スカート揺れた 君の芳香剤香る

くちびる濡れた 君の安定剤香る

 

くらり 堕ちてく身体

もうみることないねきみ

ひらり 落ちてくからだ

もうみることないねきみ

ぐらり 堕ちてく身体
もうみることないね四季
ふわり 落ちてくからだ
もうみることない景色

 

 

 

 

途中かも  無理やりすぎる韻

来世に期待!